2008年07月26日

やっぱこれだね、外来語の表記

 マイクロソフト社が、ソフトウェアに使っている外来語の表記を変更するそうです。「プリンタ」と書かれていたものは「プリンター」に、「コンピュータ」は「コンピューター」になるそうです。

「コンピュータ」→「コンピューター」に MSが表記ルール変更
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/25/news090.html

 私はこの変更を全面的に支持します。実際、このブログでも「コンピュータ」ではなく「コンピューター」と書いています。

 ITmediaの記事にあるような「プリンタ」など長音記号を省く表記は、工業の分野で使われている表現で、ソフトウェアの表記でもこれに従っているものが多くあります。

 しかし世間一般では英語の語尾である「er」や「or」に相当する部分は長音記号を用いて表記することになっています。そのため、業界の中だけで使うソフトウェアならば「プリンタ」の表記でも構わないのですが、世間一般の人に使ってもらうソフトウェアとしては「プリンター」の方が適切なのです。

 パソコン自体が普及したため「プリンタ」のような表記もある程度広まってきましたが、それでも工業分野の中で使用される特有の表記方法に過ぎません。世間一般に向けたソフトウェアで使うべき表記ではありません。
web拍手 by FC2
posted by 北条利彦 at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103612926

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。