2010年03月06日

Word 2007で、文字列を表にする

 既にテキストエディターか何かに入力されているいくつもの文字列を、Wordの表に入力したいときがあります。このとき、マウスを使って1つずつ入力していくのは手間がかかります。これをまとめて行う方法を紹介します。

 まず、Word 2007の場合は「文字列を表にする」という機能を使用します。これはコンマなどの記号と、改行で区切られた文字列を表に変換する機能です。操作方法は次の2つの図の通りで、まずは対象となる文字列を選択し[挿入]タブの[表]をクリックします。[文字列を表にする]フォームが開かれたら、[OK]です。これで、3番目の図のように表が作られます。

 なお、便宜上、図では2段組の文章にしています。

ToTable1b.png
↑[文字列を表にする]をクリック


ToTable2.png
↑[OK]をクリック


ToTable3.png
↑表が生成された


人気ブログランキング
web拍手 by FC2
posted by 北条利彦 at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | MS Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142926303

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。