2010年05月26日

Stylishでユーザースタイルシート編集

 この前の記事では、FirefoxのuserContent.cssを編集してユーザースタイルシートを適用させました。実は、もうちょっと簡単な設定方法があります。ただし、こちらは「Stylish」という、Firefoxの拡張機能を使用します。Stylishを使うと、Firefoxを再起動しなくても、ユーザースタイルシートをボタン一発で適用できたり、変更した内容をキャンセルすることもできます。
人気ブログランキング

 まずは、次のページからStylishをインストールしましょう。

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/2108/

 インストール後、Firefoxを再起動すると、ステータスバーの右端に「S」の字のアイコンが表示されます。全体的に白っぽいのでよく分かりませんが、現在表示しているページにユーザースタイルシートが適用されると、このアイコンがカラフルになります(※)。このS字のアイコンをクリックするとメニューが出てきて、そのドメインやそのページに適用するスタイルを作成したり、ユーザースタイルシートを適用させたり無効にしたり……ということができます。

※Stylishでユーザースタイルシートを適用しているときのみカラフルになります。userContent.cssが適用されているかどうかには関係がありません。
StylishIcons.png

左が、適用するスタイルシートがない状態のアイコン。右が、スタイルシートがある状態のアイコン。ウインドーの枠の色が違うのは無関係。

 今回もGoogleの検索ツールを消去するというのでは芸がないので、今度は産経新聞のウェブサイトに表示される広告を消してみます。まず産経新聞のサイトを開いて、Firefoxのステータスバー右端にあるスタイリッシュのアイコンをクリックし、メニューを表示させます。[新しいスタイルを書く]→[sankei.co.jp.msn.com 専用...]をクリックします。

StylishSankeiMenu.png


 [新しいスタイル]というフォームが表示されるので[名前]には「ニュース」を、大きなテキストボックスには以下の文字列を書きます。なお、左中括弧 { の位置は、フォーム表示直後は@-moz-...の行の最後に表示されていますが、括弧の対応を見やすくするため、改行して次の行にしておきました。
@-moz-document domain("sankei.jp.msn.com")
{
  .adcenter, .ModuleSankeishimbun
  , div[id^="AD"], .banner
  { display:none !important }
}

 ここで、産経新聞のサイトを開いた状態で[お試し]ボタンをクリックすると、このスタイルによって表示がどう変わるのか確認できます。ここには、産経新聞の画像を載せないので、実際に試してみて下さい。問題がなければ「保存」ボタンをクリックします。
web拍手 by FC2
posted by 北条利彦 at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブブラウザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。