2010年10月17日

検索エンジン Bing

 検索エンジンと言えばGoogleですが、最近私が気にいっているのはMicrosoftの検索エンジンであるBingです。コンピューター中級者の方は特に、Microsoftと聞くだけで敬遠する人もいるかと思いますが、Googleと比べて使いやすさが優れているのがBingだと思います。
人気ブログランキング
 Bingは、サイトの見た目がGoogleと似たところがあります。トップ画面で、日本語のみの検索か全言語の検索かを指定するオプションなどのレイアウトなどです。Webの検索はGoogleとほぼ同じような使い勝手です。Webで検索したときに、動画のヒットも多いときは動画の検索結果へのリンクが出てくる……というところも同じです。

 画像の検索となると、Bingの方がはるかに使いやすくなっています。検索結果の画像をクリックすると、Googleの場合は現画像へのリンクがどこにあるのか非常にわかりにくいですが、Bingだと結構目立つところにあります。Googleの場合、検索結果の画像の1つをクリックすると、次の画像を見るにはブラウザーの戻るボタンでいったん戻る必要があります。Bingでは、検索結果をクリックした画面でも、サムネイルとして他の検索結果を見ることができます。そのため、画像を1つずつ詳細に見ていくこともやりやすいです。

 動画検索では、Googleの場合は3ペイン構成になっていて、検索条件を指定するところと、検索結果が表示されるところと、スポンサーリンクが表示されるところがあります。幅の狭いウインドーで見ていると動画の検索結果が非常に狭くなってしまい、かなり見にくいです。これに対してBingでは、スポンサーリンクに相当するところがないので、検索結果が見やすくなっています。

 地図の表示はBingとGoogle Mapでは雲泥の差です。Bingでは左側のバーを非表示にできるため、マップがかなり広く表示されますし、必要になったら表示させることも可能ですから使い勝手が抜群に良いです。
web拍手 by FC2
posted by 北条利彦 at 08:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166001424

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。