2011年02月04日

中央在庫が枯渇したIPv4とは

 報道機関やネットのニュースサイトが報じていますが、ICANNが管理しているIPv4のアドレスが枯渇したそうです。この記事では、IPv4とはそもそも何なのか、それが枯渇したというのは何を意味するのかを解説していきます。

ITmedia:IPv4アドレスの中央在庫が完全に枯渇
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1102/04/news024.html
■通信するとき、何が起きているのか

 まずIPv4というのは「IPアドレスのバージョン4」ということですが、IPアドレスというのは通信相手を指定する番号のことです。ISP(インターネット・サービス・プロバイダー)と契約してネットに接続すると、このIPアドレスが割り当てられ、通信ができるようになります。

 個人のユーザーがパソコンを使う場合でもIPアドレスがISPから割り当てられますし、インターネットを使ってウェブサイトを運営する業者もISPを契約してIPアドレスをもらっています。

 どこかのウェブサイトにアクセスするときにはURLを入力しますが、ウェブブラウザーはURLをもとにして通信先サーバーのIPアドレスを求めて、そのIPアドレスが割り当てられているコンピューターからデータをもらってきます。もらったデータをウェブブラウザーが読み込むとウェブページが表示されるという仕組みです。細かな違いはありますが、メールを送信するときもやはりIPアドレスを元にインターネット上のコンピューターに接続しにいきます。

■IPアドレスの管理団体

 IPアドレスを持つ機器はルーターやサーバー、パソコンなどがあり、総称してホストと呼ぶのですが、同じIPアドレスをもつ複数のホストがあると正常な通信ができなくなってしまいます。なぜなら、複数あるホストのどれに接続すれば良いのか分からなくなってしまうためです。そこで、世界的にIPアドレスが重複しないように管理している団体があります。それがICANNです(正確には、その下部組織のIANA)。

 重複しないように管理しているといっても、全世界のホスト1台1台のIPアドレスを管理しているわけではありません。1つの機関で管理しきれるほど簡単なものではないのです。

 それではどうしているのかというと、ICANNはIPv4アドレスをいくつかの範囲に小分けにして、その小分けにした範囲の管理を別の組織に委託しているのです。IPv4アドレスは0〜255の数値を4つ使って表しますので、「〜から〜の番号のアドレスを管理して下さいね」と頼むわけです。

 その頼まれる方の組織というのは、アジアと太平洋あたりを管理しているAPNICや、北アメリカを管理しているARINなどのように地域ごとに分かれていて、RIR(地域インターネットレジストリー)と呼ばれています。RIRはICANNから管理を委託された範囲をさらに小分けにして、国ごとにIPアドレスを管理している組織に委託します。さらにその組織は、その国のプロバイダーに管理を委託する……ということになります。

 さて、ICANNは、小分けにしたIPアドレスをすべてRIRに割り当てていたわけではありません。RIR側でIPアドレスが足りなくなったらICANNがRIRに順次割り当てる……という方針をとっていました。今回のニュースは、ICANNがRIRに割り当てられるアドレスの範囲がすべて使い尽くしましたよ、という意味です。RIRが各国に割り当てることができなくなった訳ではないので、まだ新しいIPアドレスが使えますが、近いうちにそれもできなくなる見通しです。

 IPアドレスを割り当てることができなくなってしまうと、つまり新しくインターネットを始めたい人がいても始められませんし、新しいウェブサイトを作ろうとしても作れなくなってしまいます。通信をするには接続先のIPアドレスを指定する必要があるのですから、IPアドレスに余りがなければ、それ以上、新たにネットワークに接続するホストを増やすことはできないのです。

■これからの通信

 実は、そうならないようにするための対策があります。それがIPv6です。IPv4ではアドレスを32ビットで表すのに対し、IPv6では128ビットを使って表すので、事実上、無限にアドレスがあるようなものです。

 IPv6を使う通信方式は結構前からありました。そして、今すぐ必要になっています。ですが、各企業や団体が管理しているサーバーのIPv6対応状況はどうかというと、対応はかなり遅れているといわざるを得ません。

 サーバーやパソコン、あるいはOSなどの製品そのものはIPv6に対応しているものが多いのですが、それを運用・管理しているシステム管理者は、IPv6は実績がないからと、製品の設定を変更しIPv6を無効にしてしまうことが多いのです。いつまでも古い方式を使い続けるわけにはいかないのですが、なにかと事なかれ主義に陥りがちなシステム管理者にとって、実績のないIPv6に乗り換えるのは気が進まないのです。このような状況を打破すべくGoogleやYahoo!などは、今年の6月8日をIPv6デーとして、いっせいにIPv6でサービス提供することを決めています。

 IPアドレス管理団体のいうように、IPv6は「今や選択肢ではなく、必須」なのです。一刻も早く世の中のホストがIPv6に対応することを願います。
人気ブログランキング


外部サイトの関連ページ
IMPRESS:IPv4アドレス枯渇で「Google マップ」が“虫食い”に!?
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/event/2009/06/10/23748.html
Geekなページ:IPv4アドレス枯渇。その意味と恐らくこれから起きること
http://www.geekpage.jp/blog/?id=2011/2/1/1
web拍手 by FC2
posted by 北条利彦 at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。