2011年03月05日

ツイッター(Twitter)とは

 ご存じのように、ツイッターは有名人が何人もユーザー登録していたり、テレビのニュースでも取り上げられたほど有名なサービスです。いまさらなのですが、最初は私もいろいろととっつきにくいと感じたことがあるので、今回はツイッターを解説したいと思います。
人気ブログランキング
■(ブログ+チャット)÷2=ツイッター?

 まず、基本的なところですが、ツイッターは自分で投稿した文章(ツイート)を他人に見てもらったり、あるいは他人のツイートを見たりするためのサービスです。

 これを聞いただけなら同じようなサービスはいくつもあって、たとえばブログも自分で書いた文章を見てもらったり他人のを見たりします。基本的に、ブログに集まってくる人に人数制限はなく、書いた記事は(削除しない限り)ずっと残ります。

 インターネットのサービスは他に、チャットというものもあります。こちらは、少人数でチャットルームに集まり、その人たちと会話を交わすというものです。そのときの会話は、その瞬間しか見れません。

 ツイッターはその両方の特徴を持ち合わせています。ツイッターは人数の制限がなく大人数で参加ができます。みんなが投稿したツイートが大量に一覧表示され、古いものは流れていってしまうので、古いツイートを見ることはまずありません。そのため、「その瞬間に起きていること、思ったこと」が重要になってきます。

■検索が重要

 ブログでは、各人のブログにアクセスすれば投稿した記事がいくつも表示されますし、ブログ以外でもニュースサイト、ショッピングなどなど、アクセスしただけでいろいろと有用な情報がたくさん表示されます。しかし、ツイッターは検索しないと何も見れないといってもいいです。登録してから何もしないと、他の人のツイートは表示されません。他の人のツイートを見るには何といっても検索が大事です。それと関わってくるのが「ハッシュタグ」などです。

 ツイッターは何か検索するとその検索結果が表示されるのですが、検索結果を見ていると新しいツイートが刻一刻と表示されていきます。これを利用した機能がハッシュタグで、#から始まる半角英字の列が使われます。たとえば #tbs はTBSの番組を見ている人が検索に使用しているハッシュタグなので、テレビ番組を見ている他の人のツイートが見れるわけです。他にも #nhk #ntv #tvasahi #fujitv などがあります。

 そもそも他の人が何のハッシュタグを検索しているのか分からないのですが、ハッシュタグは忘れて普通に単語を検索しているうちに、ちょうどいいハッシュタグが見つかることがあります。誰かのブログなど、ツイッター以外のサイトにツイッター投稿ボタンがついていることもありますので、それをクリックしてみるという方法もあります。

■フォロー:読者登録

 さて、検索が重要なツイッターですが、検索しなくてもツイートを見れる方法があります。それがフォローです。フォローは実際に使ってみないとどういう機能なのか分かりにくいところがあるのですが、要するに読者登録です。誰かのツイッターアカウントを「フォローする」と、その人のツイートが自分の画面に表示されるようになるのです。逆に誰かにフォローされることもあり、この場合は自分のツイートがその人に表示されるようになります。
web拍手 by FC2
posted by 北条利彦 at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。