2011年04月23日

iPadとiPhoneとAndroidは位置情報を勝手に送信している

 記事タイトルに挙げた製品はここのところ売れ行きが好調な人気商品ですが、GPSで取得した情報を密かに端末に保存していたり、それを勝手にAppleやGoogleに送信しているそうです。これらの製品は買わないことを推奨します。
人気ブログランキング

・ITmedia : iPhoneがユーザーの位置情報をこっそり記録――研究者の指摘で発覚
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1104/22/news019.html

・ITmedia : Androidもユーザーの位置情報を記録、Googleに送信か
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1104/22/news063.html


 iPadやiPhoneを作っているAppleは、Mac OS、iMac、iPodなどの製品を出してきました。Mac OSは利用者にとって扱いやすいパソコンを目指していて、Windowsほどのシェアはないにしても、根強いファンを持っています。iMacはスケルトン仕様のディスプレー一体型パソコンとして始まり、ブームを巻き起こしたことがありました。iPodも、CD媒体で高値で音楽を売ろうとする業界に対し、ネットワークを経由して安値で音楽を売る手法を確立した製品でした。どれも消費者本意の製品であり、Appleは消費者に目の向いた企業だったはずですが、今回のような問題を起こしてしまったのは残念でなりません。

 一方のGoogleは、プライバシーをぞんざいに扱っているのようで、たびたび問題を起こしています。Googleマップのストリートビュー機能では、街中を車で撮影して回ってそれをインターネットに公開しているため、各地で訴訟を起こされています。さらに、その撮影車で各家庭の無線LANの情報を収集していたこともありました。同じくGoogleマップのマイマップ機能は、Googleマップの好きな位置に好きな情報を追加できるというものですが、初期設定値が「一般公開」となっているためにプライバシーを意図せず公開してしまう人が続出するというトラブルがありました。そこに、今回の位置情報を勝手に送信する問題が起きたわけですから、Googleの製品やサービスを利用すること自体にリスクがあると考えた方がよいでしょう。
web拍手 by FC2
【コンピューター本体の最新記事】
posted by 北条利彦 at 07:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピューター本体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。