2012年06月06日

実録 詐欺メール

 どう見ても怪しいメールが届いていましたので紹介します。
SpamMail.png
画像をクリックした先のページでもう1回クリックすると原寸サイズで表示します。

 ここまで怪しいメールにだまされる人は少ないかと思いますが、参考までにパッと思い付くところで怪しいと思われる理由を書いてみます。
  1. 電子メールは送信者が本物かどうか確かめにくいのに、金融機関が大切なお知らせを送ってくるとは考えにくい。
  2. 金融機関でなくとも、何の挨拶も説明もなくただURLだけを貼り付けたメールを、まともな企業が送ってくるはずがない。
  3. 本文に記載されているURLが三菱東京UFJ銀行のアドレスではない。
 この中で一番重要な観点は1です。手口が巧妙な迷惑メールであれば、2や3の点はごまかそうとしてきます。

 ウェブ検索して調べてみると、少し古い情報でしたが、三菱東京UFJ銀行のウェブサイトに注意喚起のページが掲載されていました。このページに書かれているメールは、私に送られてきたものよりは手の込んだ迷惑メールだったようです。

「差出人が分からないメールは不用意に開かない」ということはよく言われますが、差出人が名の知れた金融機関でもメールを信頼しない方が良いです。メールの差出人の欄は詐称できるためです。基本的に「メールは差出人が分からない」ものだと認識しておくのがいいと思います。

参考:
URL偽装の手口(ブログ内リンク)
http://pcnetbeginners.seesaa.net/article/66355635.html
web拍手 by FC2
タグ:スパム
posted by 北条利彦 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電子メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/273782477

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。