2013年04月18日

スクリーンショットの保存

JPEGはスクリーンショットの保存には不向き

 JPEGでスクリーンショットを保存したがる人もいますが、JPEGは写真を保存するために設計されたフォーマットなので、PC画面を保存するには不向きです。

 人が写真を見るとき、空など色がなだらかに変化している部分に画質劣化があるとその劣化部分が目立ちますが、物と背景の境界部分など、色が急に変化している部分は画質劣化が目立ちません。それを利用して、ファイルサイズを小さくしつつ、画質の劣化はあまり目立たないところに集中させるようにしたのがJPEGです。

 写真の場合はこれでよいのですが、色が急に変化する部分こそが重要な画像の場合、その重要な部分が集中的に劣化します。また、JPEGは色数の少ない画像には対応しておらず、65536色やフルカラー(1677万色)の画像しか扱えません。スクリーンショットは色数が少ないうえ、文字の部分は色が急に変化するのでJPEGは適していないといえます。

画像の保存方式の違い

名前256色対応フルカラー対応画質劣化備考
JPEG×あり輪郭部分は画質劣化が激しい
GIF×なし透過色対応
PNGなし透過色対応・各種ソフトのデフォルトではフルカラーで保存
Windowsビットマップなし圧縮しないのでファイルサイズが非常に大きい


減色する方法

画像を256色に減色

 JTrimの右下のビット数のところをクリックして8bitを選択すると、1ピクセルあたり8bit(256色)に減色されます。この画像自体もJTrimで8ビットカラーに減色してPNGで保存したものを貼りつけています。PrintScreenでコピーした物を貼りつけた時点では8ビットカラーではなくフルカラー(ディスプレーの色数に依存?)として保存されてしまうので、減色操作を行ってから保存して下さい。
web拍手 by FC2
posted by 北条利彦 at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/356047310

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。