2013年12月05日

PowerShellでobject型以外の配列を生成する

 C#などのプログラミング言語では配列のオブジェクトを生成するための書き方は簡単です。PowerShellでも@()を使えばobject型の配列を生成できますが、そのほかの型の配列を生成する書き方はなかなか思いつかないかも知れません。

 次のように記述することで、byte[]型で任意の長さを持つ配列を生成することができます。もちろん、他の型の配列もやり方は同じです。

PS U:\> $buffer = New-Object byte[] -ArgumentList 10
PS U:\> $buffer.Length
10
PS U:\> $buffer.GetType().FullName
System.Byte[]
PS U:\>

 配列が生成できると、[IO.Stream]クラスなどのストリームからデータを読み出して格納するのに役に立ちます。
web拍手 by FC2
posted by 北条利彦 at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | PowerShell | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。