2008年04月02日

Word 2003で入力モードを切り替える

 Windowsの大抵の環境ではShiftを押しながら無変換キーを押したり、無変換キーを単独で押すと入力モードが切り替わります。

 しかし、Microsoft Word 2003とNatural Inputの両方を使用しているときに無変換キーを押すと、入力モードが切り替わるのではなく、カーソル位置の単語が再変換されてしまいます。入力モードを切り替えるようにしたい場合は、IME Standardなど、Natural Inputではない日本語入力システムを使います。

 日本語入力システムがONの状態でAltを押しながらShiftを押すと一時的に日本語入力システムが切り替わります。通常使用する日本語入力システムを変更するには、コントロールパネルを捜査します。Windows XPの場合は、[コントロールパネル]→[地域と言語のオプション]→[言語]タブ→[詳細]ボタン→[既定の言語]で、普段使用する日本語入力システムを切り替えることができます。

 なお、Natural InputとIME Standardのどちらを使っているか一目で判断できる方法があります。Natural Input使用時には、図のようにIMEツールバーのアイコンの1つが、筆と青い玉になっています。IME Standardの場合には筆と赤い玉のアイコンが表示されます。

Natural Input
Natural Input


IME Standard
IME Standard


人気ブログランキング
web拍手 by FC2
posted by 北条利彦 at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | MS Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92013158

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。